2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
自分史
2009.04.08 (Wed)
少し 昔話をしようと思う。
覚えているうちに 昔を振り返ってみようと思う。

※ 文ばかり&ネタはない&長いので 
   暇で死にそうな人以外は見ないほうが良いですよー?o(*゚Д゚)oブンブン

【おまけ】

私がメイプルに入ったのは、4,5年前。おそらく冬頃だったと記憶している。

当時別のゲームをしていた私が、レプスさんに薦められてダウンロードした。
初めてのアクションタイプオンラインゲームということもあり、右も左もわからない状態。
鯖のなんたるかすら知らずに、杏で一日待ちぼうけしながら キノコを殴っていた。

それから、無事椛にキャラクターを作り直して。
10レベルそこそこの私に、当時30台くらいだったレプさんが、防具を買ってくれたりして
(武器も買うお金すらなかったのに 防具は・・・と諦めていて 嬉しくて今でもよく覚えている)
一緒にカニングの右でキノコやらを殴って遊んでいた。
途中でチーターが居る、と言われて「へ?トラっぽい敵がボスかなんかでいるの?」と返したものだ。
スキルをショートカットに入れて一つのキーで出せると理解できるまで 3日かかった。

初めてグルクエに参加したのは 忘れもしない23レベル。
今の私から見ると、とんでもなくマナーのなっていない初心者だったと思う。
何をすれば良いのかも判らず、かといって聞くのもためらい、ひたすらラケの話を読んでいた。
ワニに当てることはできるが、1・1ダメージばかり。
撃破はできたが、レベル上がるまでもう行かないだろうと思った。

一人冒険・・・といってもビクトリア歩きツアーのようなものだが・・・をして、
うっかり狩場放置して学校に行って戻ってくると お墓になっていて、
何人もの通行人に南無られ地蔵だったことがあった。(当時は強制町送還システムはなかった)
当時狩り衣装が三度嵩・スチルレス・スチルレスパンツだった私。
拝まれるのなら、もう少しマトモな格好で居ればと悔やんだものだ。

ダブルスタブにカースを携え、火力が最下位と謳われていたクレのレプスさんより弱く、
一緒に火ボアをやってると、機動性・攻撃力ともに完敗していて、切なくなっていたものだが、
40台になり、ペットボトルに持ち替えた頃から、少しずつ強くなっていった。
拡声器で募集していた野良PTに始めて参加して、強いと言われて天狗になった。
30台が殆どのPTだったから、当然といえば当然だったというのに。
ゼロトさんとの地球防衛隊での出会いはこのあたりだ。

この頃に初めて あざ眼帯を買った。
正確に言うと、シャツ・破れたGパン、アクマノハネ、包帯手袋と、全身アバタだったのだが。

50台くらいから、赤字が気になりだした。
黒い黒いとレプさんがあまりにも言うものだから、クレをサブに作ってみた。
我侭猫は確かに赤字にはならなかった。
しかし、黒いかと言われると、サブでちょいちょいやる程度では そこまで黒くはなかった。
ただ、リベンジにカニクエに行くと、ことのはのときが嘘のように強かった。
ここから私のグルクエ好きが始まり、卒業と同時に、カニクエ専用の完熟トマト色を作り、
狩りに疲れたときや、人恋しいときはいつもカニングのラケリース前に居た。
沢山の出会いがあり、常連と呼ばれる人たちとよく話すようになった。
時間軸としてはもっと後となるが、後に師匠と呼ぶことになる、上級准尉さん
・・・サブの下級准尉さんとしてだが・・・と始めて遭ったのも、
サクサク隊に入るきっかけとなる、カルジオイドさんとの最初の出会いもココだ。

斬り賊の指南HPには、斬り賊マガジンと水平さんちが有名だった。私はマガジン派だった。
そこで紹介されているところも勿論だが、初心者丸出しで色んな狩場を巡った。
バルログに神殿に遭いに逝ったり、レプさんと二人必死でカーゴを倒したり、
呪い人形を集めにルパダンに行くも空いてないから カニングの沼地に行ったり。
そんなしているうちに、エルナスで狩れるくらいまで強くなっていた。
イエッペが盛んだったが、勿論いけるはずもなく・・・・いつか!と思っていたら、ルディが実装された。
ルディマに塩ラーメン輸送で稼ごうと思ったら、しばらくするとフリマ統合された。

カニクエ狂だった私、勿論ルディクエにも興味を示すが、ことのははレベルが超過しており、
我侭猫でやっていた。攻撃としてではなく、完璧補助を目指し始めたのは、これからだったと思う。

荷物もちとして、低レベルノンアバタは男キャラのが格好良いと思い、男キャラを作った。
最初は荷物担当Aだのと悩んでは消していたが、ことのはの逆読み、はのとこに落ち着いた。
ヰヅルは、当時数人の友達と回し書きしていた、リレー小説の登場人物だ。
ルディクエにはスチルが有効だと知り、ヰヅルにスチルを覚えさせ、ルディクエ常駐となった。
この頃、どくのはとくすのはを毒・薬コンビの男女双子として同時製作した。
覚えてもらいやすかったのもあり、コレ以降「のは」シリーズが増えていった。
ちなみに、あまりにも可愛かった&状態異常が楽しかったせいで、どくのはだけが大出世した。

当時の悩みは、友達が少ないことと、ギルドに入ってみたいということだった。
ギルドシステムが導入されたばかりで、名前の下に文字がある人をうらやましく思ったものだ。
そんなときに、妙なモアイ・・・・もとい、Zxriusさんと出会った。
グルクエ専用ギルドを作りたいと言う彼に、即座に入れてくれと頼んだものだ。
しかし、録は繋いだものの、それから一週間くらいは遭えず、
CrossHeartsに初期製作メンバーとしての参入はできなかったのを、残念に思ったものだ。
そこから、鳥さん(当時Kyske)やサラさん、ぉり姫ちゃん、こよちゃま、etc...
今でも繋がっている沢山のヒトと出会うことが出来た。

同時期、こっそり深夜にカルジオイドさんに打診しておいた、ギルド参入も聞き入れられた。
本来は100以上が必須という名目のサクサク隊。確か3次前に加入してしまった。
これが切欠となり、私はレベル上げの鬼になった。
当時一番人気狩場は、眠いと噂のゾンビ。
アイゼンではなく、ハーフシューズ愛用者だった私は、レイス・3色犬を中心に篭って居た。
愛用の武蔵は、90まで使った。
初めて拡声器で募集なんてものをして、中途半端強化品を安く手に入れ、
60%のチキン再強化を施したものだった。

この頃は、ことのはでは狩りばかりしており、非常に荒んでいたと今振り返ると思う。
よく一緒に狩りをしていたレプさを置いて、一人でソロ狩りカリカリ・・・・・疲れたら101階へ。
そんな繰り返しで、ことのはよりも、ヰヅルの方が顔が広くなった。

後に超絶絵師と判明するドM・裏武さんや、むふーんな今は亡き上げ逃げ師・サスガ助教授、
LionEgg、後々としてはフリネトと繋がるきっかけとなったみけさん、
凸凹やオーロラで後にギルド仲間となるグルクエ腐れ縁の、すけさん、にゃおさん、ぢるさん、
うっかり一目で惚れてしまったあおかぜ姐さん、ドSな超顔広い御影のサクヤさん、
今ではタコ乗せてないからどう読んでいいか迷うタコさんや、ヘブンさん、
花降らしを多用しお花の貴公子と呼んでいたセナさん、ラブラブなその恋人・カンナさん、
サブとメイン名前が一致しない将軍さん、名前覚えてもらえなかったくれりー姐さん、
我が愛しい愛しい妹君のモカちゃん(当時ポキちゃん)、今は亡き雪さんの師匠・苓ちゃん・・・・

その他色々いるのだが・・・・当時録はせず、会えた人に会えた時にお喋りする感じだったもので、
会えばわかるけど、名前なんだったけなー?な人が、とてつもなく多かった。
未だに、この頃に会っていたのに、覚えてなかったりするヒトが結構いたりする。
私の人脈の半分以上が、ここの関係から発展したものだ。

CrossHeartsでは、団長の趣味でジャクム紙集めが流行りだした。
3次が済み、90台からサクサクでバイキ・MVでの椎茸探しにお邪魔し始めて、
本格的に赤字が厳しくなっていた頃。一攫千金が苦手な私には丁度良かった。
マリーさんと初めて会ったのは、サラさんが紙集めで呼んだときと記憶している。

確か87さんがサクサク再加入したのはこの頃だったと思う。
コツコツとバイキ&当時バグでドロップが異常に多かったイビルクロック狩りで
瞬く間に、ギルド最強に上り詰めたのは、思い出しても凄い。
既にギルド集会はなくなり、過疎過疎隊の片鱗が見え隠れしていた頃だから尚更だ。
87さんとチェベさんに、よく深夜のバイキ狩りに混ぜてもらっていた。
初めて日シュリ出したあれ、もしかしたら87さんが出したものじゃないかと今でも疑ってる。

当時の墓は、プレイヤースキル不足と上級敵相手が重なって凄まじかった。
ヒスイなんてなかった頃、全部数えたら何レベルもアップしていたことだろう。

確かこの頃、姐さんがルディで鳥さんと話している、と聞いて慌てて走っていった。
あまりの慌てぶりに、楽さんも何事かと見にきたくらいだ。
ルディクエでまた会えるだろう~と録を初対面にしない!という自分ルールはこのとき破棄した。

そして、ジパングにパパシュが現れた。
カラスの経験値が40くらいだった頃、レプさんに美味しいからと連れてかれたが、
飛んでいて当てづらく、泣いて帰った頃を懐かしく思いながら、サクサクで待つこと数時間。
確かこのとき、上級准尉師匠と、テンハーロさんと録を結んだと記憶している。
イベントで町に大量に湧く以外でパパシュを見たのは これが最後だ。

PCにメモリを足したか何かで、入った直後というか入った瞬間落ちなくなったことがあり、
ベストさんが主催しているジャクムにも、この頃からゲストで参加させてもらった。
正直ジャクム兜に興味はなかったけれど、ボスと戦えることが楽しくてたまらなかった。

チラの強化に成功して、以前仕様していたチラを置き引きされたのも今は良い思い出。
当時STRというだけで希少価値があり、歩いていると「頑張ってください」と言われる始末。
良いものとはいえ、置き引き犯が当時あれをどう処理したのか、今でも気になっている。

アクアリウムが出来、ジェイドヘッドがサメから出ると知ったのは、実装当日。
この帽子は私のためにあるとまで思えるほどの、大ヒット。
テンさんに頂いて、赤月以来の感動をしたのをよく覚えている。

この頃か、Unionというベストさんのサブギルドに加入した。
サブギルドというのは廃れるもんだと、しみじみ思った。

大量上げ逃げが流行ったのはこの頃か、はたまたその前からか・・・・
助教授が音頭を取り、壮絶な上げ合戦が繰り広げられていた。
キャラに完全に被さって逃げる手法が鍛えられ、ch・マップを変更して逃げるのも得意になった。
ソウカレンさんに触発され、上げ逃げ専用のキャラを大量に作り始めた。
当時は内職も含めて、オルビス塔にいるハークルのクエを利用していた。
行かせるまでが大変で、大半のキャラを盗賊にし、ダークサイトで降りて行かせていた。
ソウカレンさんとこのギルド・上げ逃げ支店は 見た瞬間加入を申し込んだ。

リブさんところのギルド・みえてますは、たまのはで加入した。
うちわ賊というのは、防具が付けられなくてあまり楽しくなかったせいか、
イン率はかなり低かったが。
他のギルクエのお手伝いの為抜けたままその後放置だが。

武器庫が最高効率狩場だった頃。
ことのはとしても たまに行っていたが・・・赤いの何の。
その反動で、我侭猫はこまめにヒールをする補助をしようと頑張っていた。
鳥さんことライムさん、レプさん、そしてその頃出合った楽さん。
この人らが上手だったので少しでも近づこうと 一緒に狩りしていると何しているかよく見ていた。
鳥さん・レプさん・ゼロトさん・私 などといった面子で、プリひっつきの豪華GPによく行ってたので、
そのときにじっと見ていたが、人によって細かいところが色々違うとすごく参考になった。

このあたりで、LionEggさんちからフリネトさんちに移動があった気がする。
楽さんやチェクさん、カゲさんなど仲良くしてもらってたヒトらが移ったこともあり、
こっそりフリネトさんちのギルド集会を覗くようになった。
今では覗くどころか、堂々とまるでギル員のごとく乱入しているのだが。

ぢるさんところの凸凹に、サブの斧子・うたのはで加入した。
人気度マイナスを目指していたのだが、突っ込まれはしなかった。
そのかわり、入隊面接では、「いかなるときも ぢるをいぢれますか?」と聞かれた。
今では ぢるめ!という拡声器は滅多に見なくなったが。

その後、フラフラはのとこでルディを歩いているとき、ばったりすけさんか誰か・・・
もう誰かすら覚えていないが、ともかく誰かと会って、オーロラにノリで加入した。
凸凹の姉妹ギルドというからどうかと思ったら、ほぼ同一ギルドのような雰囲気だった。
yagenさんを追い出しては誘いなおし、加入と同時に追い出す遊びは 最初笑わされた。

マオちゃんが加入したのは、この頃だっただろうか。
レベル上げのスピードが尋常じゃないことと、ちゃっかりして運が良いこともあり、
魔王の愛称がよく似合っている。200レベル魔ではないのだが。

気になる4次職は、120超過してからやってきた。
おかげでSPは余って一気に振れたので、とてつもなく強くなった。
ちなみに10mは払わなかったので、レッドラ・グリを探すのにわりと時間がかかった。
話は皆すっとばしていたようだが、真剣にききつつ、ヘリンたんを堪能した。

その後、サクサクで行ったホンテ(首)。
中でバッタリ墓まっしぐらと鉢合わせて、合同で逝くことになった。
向こうのLUK賊には負けん!とらいヴぁる視していたが、先にお墓してちょっと凹んだ。

雪さんと最初に会ったがいつだったか覚えてないほど、ちょくちょく顔をみていたのだが、
サクサクに入ることになって、よく一緒に狩るようになった。
骨や峰など、美味しいけど赤いところをよく回っていた。
4次になって、フェイク効果なのかステップ効果なのか、赤字が以前よりなくなってきた。
この頃から、ホンテなどの上位層に興味が湧いてきた。
雪さんの顔の広さに、どこで知り合っているんだろと驚いた。
今のところの結論は、ヘネ民つながりだと睨んでいる。
ヘネ民定着する前に、グルクエ民になった私。そっちは強いヒト多いのだと感心したものだ。

窓化システムを導入して、割とすぐにインしていたキャラが垢停止された。
自己責任という言葉をかみしめながら、待つこと数ヶ月、開放されて何よりだ。
怖いのと、チャットの見づらさのため、滅多に窓化ツールは使っていない。
ちなみに、喜びいさんでくすのはでインすると、
名前見た瞬間加入を申し込んだその2の、椛lOl階がいつの間にか解散していた。
時代はもうルディクエから離れていると感じた。

ファッションセンスが近いものを感じる夜合さん。
確か彼女つながりで、メンチさん、サイサさんあたりと知り合った。
斬り賊ビシャスなどにも連れて行ってもらったり、深夜遅くまで駄弁ったりしたが、
恐ろしいほど自分と考えが違って新鮮だったものだ。
サメ篭りのメンチさんや、ランカー層のサイサさんなど、
完全にコミュニティが違っているのに、今でも遭えたのが不思議でたまらない。

CrossHeartsに見切りをつけたのはこの頃だったか。
グルクエし隊を立ち上げてみたものの、結局は私のソロサブギルド化している。

ホンテに逝きたい一身でレベルを上げていたのだが、
そう簡単に話など転がっていない・・・・と思いきや、突然お誘いがきた。
Mrカーチスさんからの突然の内緒。顔は知っていたし、2,3言葉も交わしたことはあったが、
何故私??!と疑問に思ったものだ。
主催に話通すときに間違えて3,4回主催にするべき内緒をカーチスさんにしたのは今でも恥ずかしい。
念願のホンテは、戦闘自体は囮PTということもあり、思っていたよりはつまらなく、
ランカーばかりでビクついていた参加者は、思っていたよりきさくで良いヒトが多かった。

Arcadiaに加入したのは、割と最近。
サイサさんのギルドで、我侭猫で加入したのは良いのだが、イン率が低いためか、
誰が誰やらインするたびに混乱している。
そのつながりで、過疎過疎隊と化したサクサクにも、新メンバーLemonさんが来ている。
過疎過疎しすぎでつまらなくなっていないか微妙にビクビクものだ。

そして今。
実装した神殿に時間のカケラを探しに篭っている。。。。






少々後半はしょりまくりましたが、これが 穢土ことはのメイプル半生です。


思い出してみると、カニクエ、ルディクエが転機と よくわかりますねぃ・・・(笑
グルクエがなかったら、確実に私は今でも一人orめいぽ自体やめていたでしょう。
グルクエで出会ってお友達になったヒト、そのお友達とまた仲良くなり、
さらにそのまたお友達と・・・・・
こういう繋がりをさらに深めていけば、いずれどんなヒトとも繋がる可能性はあると思います。
その最初の一歩となったのは グルクエ。

だからこそ、いつまでも大好きなんでしょうねぃ。


ちなみにこの回想、某ざいまえ氏のブログコメントログ(「上海アリス」にてCtrl+F推奨)に、
ホンテは時間積み重ねてきたからこそランカーは行ける~的なくだりがあったので、
自分はどーだったっけ?と思って書き出しです。

ランカーとは言えないけど、
ホンテ固定に在籍して 分相応と言われるくらいには、積み重ねてこれたのかな?
19:38 |  プレイ日記  | トラックバック(0) | コメント(6) |  Top↑
コメント
泣けたっ
唸りましたよ~~~
ダニエル |  2009.04.09(木) 20:06 |  URL |  【コメント編集】
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2009.04.10(金) 22:20 |   |  【コメント編集】
いろいろ懐かしいねぇ・・。

なんかこうみると名前結構あげてもらってるけど、自分は相当変わったなぁって思うなぁ。割と悪い方向に。
ことさんはそこまで変わらずに自分を持ち続けてるよね。
そういうのは素敵だし素晴らしいと思います!

しかし本当に回顧しちゃうなぁ・・。
鳥 |  2009.04.11(土) 14:12 |  URL |  【コメント編集】
>>雪さん
泣ける部分・・・・・アッタカナ・・・@@;


>>匿名さん
ありがとー!
ていうか そーいうコト言うから可愛がられないのよ・・・(


>>12さん
o(*゚Д゚)oブンブン


>>鳥さん
懐かしいわねぇ・・・・
鳥さんを紳士(not変態の方向性で)と思ってた時期もあったのよね。。。
今となっちゃ ウソみたいだけど!(ぁ
ことのは |  2009.04.14(火) 12:17 |  URL |  【コメント編集】
ルディマに塩ラーメン輸送で稼ごうと思ったら、
しばらくするとフリマ統合された。

私もエルマで ジャンタコ売ってたんですよ」 
懐かしいな♪ フフフ
ダニエル |  2009.04.14(火) 21:26 |  URL |  【コメント編集】
おおう!輸送屋仲間さんだったのですね♪
タコはお金がかかりすぎるのに、
売れ行きの回転数がイマイチなのでやめた記憶が・・・

あの頃は お船も30分だったですなぁ(しみじみ
こと |  2009.04.14(火) 21:45 |  URL |  【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック